〒224-0003
横浜市都筑区中川中央1-1-3-502
ショッピングタウンあいたい5F

045-911-0990
新患・急患、随時対応しております。

横浜市・都筑区・センター北駅・インプラント・審美歯科・矯正歯科 あいたい歯科クリニック

HOMENEWSCLINICSTAFFGUIDEACCESS

小児歯科

担当医表

デンタルインプラント

EPARK

スタッフブログ

問診票

※問診票をコピーして記入して持参
いただいてもかまいません。
HOME»  小児歯科

小児歯科 継続して管理できる事が大切!

小児歯科 継続して管理できる事が大切!

0歳~12歳頃までは乳歯が存在する年齢ですが、この時期は将来永久歯列期を迎えるまでの大切な準備期間です。そのため個々の乳歯をしっかり管理していくことはもちろん、永久歯列期を迎えるまでに、歯の保存の重要性やいろいろな病症とそれが及ぼす影響についてなど、お子様本人とご父兄の方々にも理解していただき、認識を高めること、そしてそのために大切な口腔管理を習慣にすることが求められるのが小児歯科です。
難しいのは、その事を小児が理解し実行することです。そのため、私たちは治療を拒否する小児の強制的な治療は基本的には行いません。応急処置はやむを得ませんが、今後の治療に障害となるような恐怖心は与えないようにしております。治療が可能な状態まで根気強くコミュニケーションをとる体制ではありますが。ここで助けとなるのがご父兄の方々の、お子様に対するモチベーションです。例えば治療をされたお子様に「痛かった?」と声をかけるのではなく「よく頑張ったね」と誉めてあげたりすることがとても大切なのです。
理想的には、小児期において十分な管理が成されていれば、永久歯列期を迎えた時はメンテナンスのみで治療が必要なくなるわけです。

PAGE TOP